水道の工事会社に依頼するようなケース

水道の工事会社に依頼するようなケース 当たり前に使っているものが使えなくなるのは、大変困ります。毎日使っている水道も使えなくなれば、生活に大きな影響を与える設備です。水がなければ生命にもかかわる大問題になります。手を洗い食事を作るだけではありません。トイレにもお風呂にも水が必要です。洗濯をするためにも水がなければ洗えませんし、洗剤をつけても洗い流すことすらできません。
使えないだけではなく、水漏れを起こせば慌ててしまうことも出てきます。修理して使えるようにしなければいけませんが、水道 工事会社に依頼して修理してもらうことも必要です。冷静に判断して対応を考えるためにも、どんなことが起きるのか知らなければいけません。

■冬場に起こりやすい凍結による配管の破損

水道から水漏れを起こしている状況は、多くの問題を発生させます。配管が破裂しているようなケースも起こらないわけではありません。できるだけ耐久性を高め、簡単に壊れないように設計され作られていますが、気温が下がり凍結したときなどは、水漏れの可能性が出てくるケースがあります。
水が凍結すると、体積が増えます。凍るとともに膨張していきますが、配管の内部から外側に向けて強い力がかかります。内部の水がどんどんと凍っていけば、その力は配管に集中してしまい、耐えきれなくなり割れてしまいます。一度割れてしまえば元には戻らず、氷が溶けだせば水漏れを起こしてしまいます。この場合は工事をして配管を交換するほかになおす方法はありません。

■わかりにくい浴槽での水漏れ
バスルームでもトラブルが起こります。使用頻度の高い場所のひとつで、大量の水を使う場所です。浴槽にお湯を張っていても、流れ出してしまうケースも修理しなければいけません。ほとんどの場合には排水用のゴム栓の問題で、交換すれば浴槽から流れ出さなくなります。確認の方法としては、浴槽にお湯を貯めてから、ゴムボールなど水に浮くものを水面に浮かべておきます。流れ出していく状態なら、浮かせたものも動いていくため、問題があるかどうか判断できます。
ひび割れなどがある場合には、パテなどで一時的な修復もできます。この方法では、根本的には解決できません。ヒビが広がってしまうケースも出てくるため、工事をして浴槽の交換するなどの方法も検討しておくべきです。

■大量の水を使って洗う洗濯機

水道が取り付けられている場所として、洗濯機もあります。多くの水が必要で、洗うだけではなく、すすぎでも水を使うため、水道を開いたまま洗濯機のほうで調節するように作られている装置です。洗濯機側に問題があるときには、家電製品として修理が必要ですが、水道側で異常があるときには、さらに早めに対処しなければいけません。配管が壁に埋め込まれているケースが多く、水漏れを起こしても気がつきにくい条件下にあります。壁が濡れてきていることなどで判別つきますが、修理をしたくても埋め込まれた先では簡単になおせません。蛇口だけであれば、パッキンの交換などもできます。蛇口本体の接続部分の劣化などになると、壁を削らなければ交換できない場合もあるため、専門業者に委ねてしまう方が安全です。工事の領域になるため、素人判断でおこなわない方が良いでしょう。

■まとめ
水道にかかわるトラブルは、設備ごとにいろいろとあります。身近なものでも簡単になおせない場合もあり、どんなトラブルが起きるのか、そのパターンだけでも覚えておけば、対処しやすくなるでしょう。道具も必要で部品も手配しなければいけないケースも出てきます。工事会社などでなければ対応が難しい場合もあるため、どんなことが起きるのか知識を身につけておけば被害を抑えることができます。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

最新ニュース