水道工事が必要になる風呂のトラブル

風呂場は、利用頻度が多い場所です。家族が多くなれば、1日複数回使う上に時間も長く大量の水を使用します。トラブルが起きると使えなくなるだけではなく、水道代にも影響してきます。

■蛇口のトラブルも起きやすい

給湯器からお湯を供給させることが増えた風呂場ですが、蛇口が取り付けられているためしっかりと閉まらない状況となると、水道代にも影響してきます。蛇口の構造としても、温度調節機能が取り付けられていたりすることも多く、修理も複雑な場合が少なくありません。パッキンだけではなく、カートリッジやセンサーなどの問題も出てくるため、工事会社に依頼して水道 修理しなければいけない場合も出てきます。
シャワーも蛇口とつながっているため注意が必要です。ホース内部の水が流れている状況は問題がありませんが、ずっと漏れている状況は蛇口本体のトラブルといえます。交換も修理も必要なケースですが、部品などがわからないときには修理依頼した方が確実です。

■排水が詰まってしまう

風呂場のトラブルは排水管もあります。大量のお湯や水を使うことで、排水管にも同様に負担がかかるためです。髪の毛や石鹸カスなども流れていくため、フィルターをつけてもどうしても詰まりやすくなります。流れが悪くなっていけば、いずれ逆流してしまうことも出てきます。流れなくなりあふれだすこともありますが、排水管の内部はのぞけないため、定期的にパイプクリーナーを使う必要があります。50度程度のお湯を流す方法は、石鹸カスや垢などの対策として有効です。
あまりにひどく、パイプクリーナーなどで改善しない場合には、工事会社に依頼した方が良いでしょう。高圧洗浄機などもありますし、専用のクリーナーで溶解させて流す方法もあるからです。

■まとめ
トイレやキッチンほどの使用頻度はなくても、清潔な毎日を過ごすためには風呂場は大事な設備です。目につかない部分も多いことから、定期的にメンテナンスをしてあげるだけでもトラブルの発生を少なくできます。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ