水道工事会社に依頼することも多いトイレの給水

家庭にある設備には、いろいろな配管が取り付けられています。トイレもそのひとつですが、給水管と排水管が取り付けられており、どちらも重要です。排水管 水漏れなどトラブルが起きたときには、確実に使えるためにも工事が必要な場合が出てきます。

■トイレに給水は欠かせない

トイレには、給水設備が重要です。洗い流すためにも水が必要で、タンク付の場合には給水管から貯めこみます。最近多くなったタンクレスの場合には、給水管に直接つながっており、電気的に制御しています。どちらも水があってはじめて機能するため、トラブルを起こすと使えなくなります。
トイレの給水のトラブルとしては、水漏れが一番大きなものになるでしょう。配管を接続している部分の破損やパッキンの劣化により水漏れしてしまうと、どうしても水漏れが続きます。止めることができないと、ずっと水漏れが続き被害が広がるため早急に修理しなければいけません。タンクレスの場合には、電気制御しているため、専門業者による工事が必要なケースも出てきます。

■止水栓からの水漏れ

トイレの給水のトラブルとして、水道の止水栓から漏れている場合もあります。トイレのタンクへの給水を制御している止水栓は、接続部分のパッキンの劣化が進むことも出てくるため注意が必要です。止水栓よりも先の部分で水漏れが起きれば、止水栓を閉めれば一時的に水を留めることができますが、止水栓そのものから水が漏れている場合は、水が止められないことが出てきます。止水栓自体が劣化してしまう場合もありますし、水道管側にトラブルが起きればトイレの止水栓閉めても水が止まりません。この時には元栓を閉めて対応するのが重要です。


■まとめ
トイレの止水栓からの水漏れは、多くみられるわけではありません。しかし水道管と接続している部品になる以上、水が漏れてくる可能性は出てくるため、もしもの時の対処として覚えておくといいいでしょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ