水道工事の施工業者の違い

水道工事には、いろいろな方法があります。どんな施工をするのかによって、依頼の方法も変わってきます。実際に探すときにはどうしたらいいのか、知識を持っていることが迷わずに済むポイントです。

■水道工事の施工の違い

水道工事には、給水管引込工事と屋内配管工事があります。水道管から水を引き込むのが給水管で、宅内に引き込むのが屋内配管として区別するとわかりやすいでしょう。境界線になるのがメーターボックスです。社会的なインフラである水道本管から引き込むため、メーターで使用量を計る必要があります。
メーターボックスから先は、屋内配管です。建物の各設備に引き込んでいきますが、途中に止水栓を取り付けたり、設備に直接接続したりしていきます。給水管引込工事と屋内配管工事は、施工方法としてはいろいろな方法がありますが、基本的には全く違う工事内容です。もともとは別の会社が工事をおこなっていましたが、今では両方の対応をすることも多くなりました。新築の場合は、建築会社経由で依頼するのが一般的です。

■公共のインフラに対する工事

水道の工事は、簡単にできるものではありません。特に本管から接続する場合には、公共のインフラを加工することになります。勝手に施工すれば、インフラとして機能しなくなる可能性も出てくるのは容易に想像がつきます。許可を受けた業者しか施工できないため、確認も必要になります。
宅内の工事に関しては、特別に許可はいりません。しかし、ライフラインとして安全に使うことが求められるのは当然です。安心して使うためにも水道局指定工事店などの認可をはじめ、信頼できるところに依頼するといいでしょう。


■まとめ
新築だけではなく、リフォームの時にも大掛かりな施工が必要になってきます。自分でおこなうのではなく、必ず専門業者に依頼して工事してもらうのがポイントです。自分たちが知識を持てば適切な依頼にもつながるため、どんなことが必要なのか覚えておくといいでしょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ