蛇口の交換が難しいときは水道工事に相談

水道を使った設備には、水量を調節するための装置がつけられています。代表的なのは蛇口で、簡単に水量を変えられるだけではなく、必要ないときには止めることができますが、それだけ使用頻度が高いため、水漏れも起こす場所です。

■パッキンやコマの交換

蛇口は使用頻度の高さから、どうしても摩耗も激しく劣化してしまう場所です。パッキンやコマの劣化はよく知られている部分で、交換しなければいけない消耗品になります。水道に取り付けられる装置には、隙間ができないようにパッキンが使われていますが、キッチンなどで使用頻度の高い蛇口は劣化も激しい部分です。解体するためにモンキーレンチなどがあれば簡単にできることからも、自分で修理できます。
部品の種類もいろいろとあるため、一度解体してからパッキンやコマを取り除き、ホームセンターなどに持ち込んで合うものを見つけるのがポイントです。店に問い合わせれば、同じものを用意してくれます。

■劣化したら本体の交換も

蛇口は修理しやすい部分ですが、いずれ劣化してしまい本体ごと交換しなければいけないときもきます。使用頻度の多い場所ほど摩耗も激しくなり、どうしても隙間が出来るためです。最近では高性能な蛇口も増えてきており、構造が複雑化しているため簡単に修理できないことも出てきました。普段から使うことからも、蛇口 交換は専門の工事会社に依頼するのも方法です。部品を交換すればよいというだけではなく、ネジ部分にはシールテープを巻くなど基本的な対処もしなければ水漏れしてしまう可能性が出てきます。工事業者であれば道具もすべてそろっていますし、確実に交換もできるでしょう。

■まとめ
毎日使う蛇口だからこそ、確実な方法を取る必要が出てきます。構造が複雑なものはパッキンの交換だけでは済まない場合もあるため、自力で直せない場合には工事会社に相談するほうが間違いありません。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ